キスマイ好きがキスマイの噂を徹底調査

Kis-My-Ft2二階堂高嗣の性格が悪いと言われている理由は?

二階堂高嗣はいつも元気で明るい性格がにじみ出ていますが、そんな彼の性格が実は悪いのでは?と言われたりもしています。テレビを見ていると人あたりもよく性格が良さそうに見えるのになぜ性格が悪いと言われるのか検証してみました。

二階堂画像1

 

二階堂高嗣が尖っていた時期があった!

今ではにこにこ元気な二階堂高嗣ですが、中学高校時代は「反抗期」でした。ジャニーズジュニアでありキスマイメンバーに選ばれたりと芸能活動が活発になる一方で学校では孤立していったり、仕事の方向性などに悩みどんどん尖った性格になっていきました。17歳くらいまでは人の言うことを全く聞かず、ジュニアの活動においても「二枚目を狙った。しゃべらないし笑わなくなった。亀梨くんみたいにセクシーで、多くしゃべらずみたいな路線を目指そうと思った。」と。さらに「ダンスで手を抜いて踊るとか、”ローラーやだ”とか、”なんで俺、これしなきゃいけないの?やなんだけど”とか言ってました。そういう態度がかっこいいと思ってたんでしょうね。」と自分でも話していました。

でもかっこつけだけではなく二階堂なりに悩み苦しんでいた時期でもあります。この時の二階堂高嗣を知っている人は「近寄りがたい、性格が悪そう」というイメージを持っているかもしれませんね。

尖っていた二階堂です

二階堂画像2

 

 

反抗期を過ぎた今でも実は性格が悪い?

反抗期をすぎキスマイとして順調に活動をして、今では元気な二階堂のイメージが強いですが「え?いつものテンションは実はキャラ作りじゃないの?」と疑われるできごとがありました。

キスマイがパーソナリティーを務めるラジオ『キスマイRadio』(文化放送)に、『中居正広のミになる図書館』(1月7日放送回、テレビ朝日系)でドッキリ演出に仕掛けられた二階堂を見たファンから、「テレビやラジオだと、うるさくて元気で笑顔の印象が強いんですが、ドッキリのときの素の二階堂くんはめっちゃ無表情で、やさぐれた中2みたいなしゃべり方で、少し印象が変わりました。リアルな二階堂くんを見てちょっとショックでした」というお便りが寄せられたのだ。
これに乗っかるように、玉森裕太が「いつもやんちゃで元気なイメージのニカ(二階堂)がね、世間では浸透してるけど。これ聞いてる二階堂ファン、いやキスマイファンは『あ、二階堂が元気なのは、あれキャラなんじゃねえか』ってなるからね」と追い打ちををかけると、「キャラじゃないよ!」「やっぱ真面目なときもあるからね。真面目に話すときもあるから」と大声で必死に否定。玉森が「たまたまだったのかな? キャラじゃないよね?」とあらためて聞くと、「キャラじゃないよ。365日ある中の5日間ぐらい、たまたま見ただけ。5日間のうちの1日をたまたま見ただけ」
と、たまたまテンションの低い日だったことを強調する二階堂。それなら、その日テンションが低くなるような出来事があったのか、と玉森が質問したところ……
「トイレ行ったら、トイレットペーパーがなかったの。だから、ふて腐れちゃったの」なんともくだらない理由に、これには擁護を続けていた玉森も「めっちゃ中2じゃん……」と絶句。それでも最後には、「元気でうるさいニカちゃんが好き」なファンのために、「2014年もバッチリ仕上げていくからね!」と宣言し、キャラ疑惑から逃げ切った二階堂。(引用元:サイゾーウーマン)

ドッキリ中の画像です

ドッキリ画像3

365日テンションMAXでいるわけにもいかないですよね。反抗期の前はやはり明るく元気な性格だったようなので今の彼は素の二階堂高嗣だと思いますが、キャラ作り疑惑に関しても「このギャップがいい!」というファンの声もありマイナスイメージだけではないようですよ。

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る